【8/2(金)】優秀な人材確保で経営改善!ダイバーシティ経営シンポジウム

>>一覧に戻る

diver2019omote.png
チラシはこちら>>表面 裏面

優秀な人材、見落としていませんか?

昨今の人手不足や働き方改革を背景として、各企業ではダイバーシティ経営(女性・チャレンジド(障がい者)・外国人・高齢者等の多様な人材を活用する経営)の取り組みが行われていますが、実際に社内で取り組む具体的なイメージがつかむのは難しいものです。

そこで、「ダイバーシティ経営がどのように企業の経営改善につながるか」についての基調講演や、実際にダイバーシティ経営で認証を受けた企業の事例紹介、今年四月に経済産業省が作成した「ダイバーシティ経営診断ツール*」の説明など、実際にダイバーシティ経営に取り組んでいる企業様はもちろん、多様な人材の活用に興味のある企業様にも役立つ内容のシンポジウムを開催いたします。

今回のシンポジウムのメインテーマは「外国人材」。

言葉の壁や文化の違い等を乗り越えて優秀な人材を活用するにはどうすべきかお悩みの企業様は是非、シンポジウムをお役立てください。

 

>>お申込みはこちら

 

*ダイバーシティ経営診断ツールは、「診断シート」と「手引き」によって構成される、中小企業が自社のダイバー シティ経営を深化させるのに必要な現状分析・課題の明確化・打ち手の検討・実行に資するツールです。

開催概要

日時 令和元年8月2日(金) 14:00〜17:00(13:30 受付開始)
定員 150名
会場 グランドフロント大阪北館タワーC8階
ナレッジキャピタルカンファレンスルームタワーC
RoomC01+02
大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪タワーC8階
・JR「大阪駅」から約300m
・Osaka Metro御堂筋線・阪急電鉄「梅田駅」から約400m

コンテンツ

基調講演「企業と社会を変革するためのダイバーシティ経営」
講師 一橋大学大学院経営管理研究科 教授
クリスティーナ・アメージャン 氏
ハーバード大学卒業、スタンフォード大学ビジネス・スクール経営学修士課程修了、カリフォルニア大学バークレー校ハース・スクール・オブ・ビジネス博士課程修了。
コロンビア大学ビジネス・スクール助教授を経て、現在一橋大学大学院教授。
ベイン・アンド・カンパニーと三菱電機において民間企業の勤務経験を持ち、現在、三菱重工株式会社、株式会社日本取引所グループ、住友電気工業株式会社、アサヒグループホールディングス株式会社の社外取締役。
新・ダイバーシティ経営企業100選運営委員。

 

 

平成30年度 新・ダイバーシティ経営企業100選受賞企業による事例紹介
登壇企業 三共精機株式会社
(京都府京都市)
1948年に創業し、機会・工具商社として成長を遂げてきたが、インターネットの普及とリーマンショックを契機に、自社ビジネスを従来の機械工具商ではなく「ものづくり課題解決業」と捉えなおし、顧客の課題に対して最適な製品・サービスを提供できる企業を目指している。
業務分掌の見直しや「グループ戦略」の導入、外国籍人材の採用等により、多様な人材がそれぞれの強みを活かせる環境を整備。
その結果、顧客サービスの向上や新規顧客獲得、海外ビジネスの展開等につなげている。
登壇企業 株式会社エクセディ
(大阪府寝屋川市)
1950年に株式会社大金製作所として創業し、1995年から現社名に改称。
1950年から自動車部品であるクラッチや、トルクコンバータ(トルコン)を製造・販売しているB to B企業。
トルコンについては世界で約22%、クラッチは約10%のシェアを占める。
多様な人材の確保、社員の定着を目指して、女性社員専用のトルコン製造ラインの導入や企業理念である「EXEDYWAY」の多言語化等の取り組みを実施。
その結果、女性・外国人社員や女性管理職の増加につながっている。

 

留学生採用に成功している企業の事例紹介
登壇企業 大阪糖菓株式会社
(大阪府八尾市)
大阪糖菓株式会社は、昭和15年創業の金平糖メインの菓子メーカー。
ユニークでオリジナルをモットーに、60分キャンディや塩こんぺい、松茸こんぺいなど話題性ある商品づくりを心掛けている。
また、体験型施設「コンペイトウミュージアム」を堺、八尾、福岡に開設するなど、自社の魅力発信に繋がる取り組みを積極的に行っている。
近年では、オリジナルのゆるキャラや漫画の制作、ベラルーシ出身の女性を広報として採用し海外へのPRに注力。
第11回産業観光まちづくり大賞経済産業大臣賞を受賞。

 

令和元年度 新・ダイバーシティ経営企業100選について

経済産業省より、令和元年度 新・ダイバーシティ経営企業100選についてのご案内がございます。

 

お申込み

1.OSAKAジョブフェアの会員登録をする。(既に会員の場合2.へ)

  下記バナーをクリックし、OSAKAジョブフェア会員登録をお願いします。

  必ず「osakajobfair@l-ork.jp」からのメールを受け取ることができるアドレスをご登録ください。

OSAKAジョブフェア会員登録はコチラ

2.「ダイバーシティ経営シンポジウム」の申込みをする。

  下記バナーをクリックし、申込みフォームに必要事項を入力し、お申込みください。

「ダイバーシティ経営シンポジウム」申込はコチラ

    >>登録情報の更新はコチラ

    >>パスワードを忘れた方はコチラ

 

3.OSAKAジョブフェアからの「申込完了メール」の受領もって、お申込みが完了となります。

  ※申込み完了後お手元にメールが届かない場合、問い合わせ先までご連絡ください。

 

*お申込みに関する注意事項*

・応募多数の場合、先着順となりますので予めご了承ください。

 

実施運営・お問い合わせ

一般財団法人 大阪労働協会

TEL :06-4794-7355

mail :osakajobfair@l-ork.jp

 

主催・共催・協力

主催

近畿経済産業局、大阪府

 

共催

大阪商工会議所

 

協力

日本貿易振興機構(ジェトロ)、公益社団法人関西経済連合会、グローバル人材活用運営協議会

OSAKAジョブフェア実施運営事務局(大阪労働協会)
E-Mail osakajobfair@l-ork.jp
TEL  06-4794-7355
プライバシーポリシー